Cカードとは?

CカードはCertification-cardの意味で「技能認定証」のことです。


一般的には「ダイビングライセンス」や免許・資格と呼ばれることが多いですが、自動車の運転免許証などと違い、スキューバダイビングをするために所持することが法律で決まっているわけではないので、正式名称としてはCカードという名前になります。

Cカードをお持ちでない方や未経験の方は、体験ダイビングというコース以外ではスキューバダイビングができません。


なぜCカードが必要?

スキューバダイビングは地球上で唯一といってもいいくらい「呼吸のできない所で遊ぶ」という陸上とは全く違う、特別な環境下でのスポーツです。 安全に楽しむためには「環境への知識」と「安全に潜れる技術」が必要不可欠です。知識や技術を持たない方がスキューバダイビングを行った場合、重大な事故が発生する可能性が非常に高いことから、ほとんどの国でCカードを所持していることがサービスを受ける条件となっています。

海外では、Cカードを所持していない場合のスキューバダイビングを法的に禁止している国や、器材のレンタルや購入さえできない国もあります。


アメリカ教育審議会(ACE)によって大学単位と同等として推薦されました

Cカードは1種類だけではありません。 ダイバーの知識・技術と経験値によってCカードにはランクが定められており、ランクによって潜れる深さや場所が制限されます。

PADIでは、最初に取得可能なCカードを 「スクーバダイバー」(水深12mまで)、
「オープンウォーターダイバー」(水深18mまで)
一つ上のレベルアップコースを 「アドヴァンスド・オープンウォーターダイバー」(水深30mまで)
専門的な知識や技術を身につけるコースを 「スペシャルティ・コース」

と設定しています。 この他にもさらに上級のCカードもあり、追加のトレーニングを受けることでダイバーとしての経験が増し、自身の知識や技術と同時にCカードレベルもランクアップしていきます。